自宅内サーバーもそろそろ安定動作してきていじるところが無くなってきたので、VPSサーバーを使用してみることにしました。

数あるVPSサービスの中から今回チョイスしたのは、DTIのServersMan@VPSです。本当は、さくらインターネットのさくらのVPS(2G)を使用してみたかったのですが、価格に負けましたw

借りてから思ったのですが、VPSって独自ドメインがないと意味ないんじゃね?ってこと。
ま、とりあえず、取り急ぎあるもので間に合わせてみましたが。

さて、今回は最小構成の、シンプルセット(CentOS6.3)を選択しましたが、さっさとWEBサーバーを構築したい人やブログ、CMSを設置したい人はブログセットを最初から選択した方が良いと思います。

最小構成では、実質、ApacheとPerlしか入ってないのでその他のソフトウェアはあとでインストールする必要があります。

とりあえず必要そうなDBサーバーとそれ一式をインストールしてあとは必要になったら順次追加ということでやっっていきたいとおもいます。

現時点では特に重いといったこともないし気にならないのですが、さくらのVPSみたいにサーバー状況を視覚的に確認できないのがデメリットかな、と思います。

とここまで書きながら並列してサーバーの設定していたら、見事に嵌まりましたので続きはまた。

ちなみに一番最初にやったコマンド

# yum update

です。

追記:
ServersMan@VPSのミニマム構成の時はほとんど何にも入ってないので

# yum groupinstall "Base"

として、”Base”グループをまとめてインストールしておくと後で楽です。