ちなみに、これは仮想内PCでの作業です。
インストール直後はネットワークが有効になっていませんので、ホストからのVNC接続でネットワークだけ設定します。
以後の作業はすべて、WindowsクライアントからTeraterm Proなどを使用してSSH接続して設定します。

まずは /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 を編集します。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

ONBOOT=yes (noをyesに変更)

保存して、ネットワークを起動します。

# service network start

ついでに次回からの自動起動も設定します。

# chkconfig network on

ここまで順調に設定が済んだら以後はWindowsから接続して設定を続けます。

はじめにSambaをインストールします。

# yum install samba

さらに手抜きをするためにブラウザで設定できるswatもインストールします。

# yum install samba-swat

先にswatの設定ファイルを編集します。

# cd /etc/xinetd.d
# vi swat

only_from = 127.0.0.1 192.168.11.0/24 ←自分の使うネットワーク
disable = no ←swatを使用するのでnoにする

ここまでやったら、

# service xinetd restart

で、SWATを有効にします。
Sambaの設定はSWATからやってしまいます。
このとき、firewallが動いているとアクセスできないようなので一時的にファイアーウォールをオフにします。

# service iptables stop

これで、自分のネットワーク(192.168.11.1~192.168.11.255)からサーバーの901番ポートへブラウザでアクセスすることが出来るようになります。

Sambaの詳細な設定はとりあえず省きます。
SWATからSambaなどを起動できますが、あくまでサーバーなので自動起動の設定もしておきましょう。

# chkconfig smb on
# chkconfig nmb on

これでLAN内のWindowsマシンからSambaを設定したマシンが見えるようになるはずです。

さて、ここまでやっておきながらDHCPでアドレスが変わるのが面倒なのでネットワークの再設定をします。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

BOOTPROTO=none # dhcp から none に変更、以下は追記

IPADDR=192.168.11.100
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.11.1
DNS1=192.168.11.1
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no

そしてネットワークを再起動します。

# service network restart

ここでネットワークが切断されますので、改めて新しいIPアドレスを指定して接続し直します。
もちろん最初から指定してもいい、というか普通は最初から指定するものですが、現状空きアドレスを探すよりdhcpで先に探して貰った方が簡単という手抜き設定なのです。
2度手間になるので出来ることなら最初からIPアドレスは指定したいですけども。

ここからapacheの設定に入ります。が、とりあえず動くところまでしたいだけなので、デフォルトから少ししか変更しません。

# vi /etc/httpd/conf

#ServerName www.example.com:80 この行を編集します。 www.example.com を適当に変更します
ServerName www.example.com:80

本来であれば、ここをきちんと設定する必要がありますが、公開サーバーではないのでとりあえず適当でいいと思います。
というわけで、apache の起動

# service httpd start
chkconfig httpd on

ちなみにブラウザで、192.168.11.100にアクセスすると次のような画面が表示されればapacheは稼働しています。
apacheデフォルト

MySQLはインストール済みですが、phpMyAdminも使いたいので php-mysql をインストールします。

# yum install php-mysql

phpMyAdminもインストールしたいので、ダウンロードします。

# wget http://sourceforge.net/projects/phpmyadmin/files/phpMyAdmin/3.5.8/phpMyAdmin-3.5.8-all-languages.tar.gz

米phpMyAdminのバージョンは常に変化しますので、現時点での新しいものを探して使ってください。
次に、ダウンロードしたファイルを解凍します。

# tar zxvf phpMyAdmin-3.5.8-all-languages.tar.gz
# cp -r phpMyAdmin-3.5.8-all-languages /var/www/phpMyAdmin
# rm -f -r phpMyAdmin-3.5.8-all-languages

えーと、こんな感じでしょうか。

このままではphpMyAdminにアクセスできませんので設定ファイルを追加します。
ドキュメントはここ(↓)にありました。
https://phpmyadmin-japanese.readthedocs.org/en/latest/
config.sample.inc.phpをconfig.inc.phpにして設定しろと書いてあるのでそのようにします。

# cp /var/www/phpMyAdmin/config.sample.inc.php /var/www/phpMyAdmin/config.inc.php

config.inc.phpに以下の設定を追加、パスワードも入れ替えた方がいいはずですがとりあえず、そのまま

$cfg['Lang'] = 'ja-utf-8';

そして、ディレクトリ以下の所有権を変更

# chown -R root.apache /var/www/phpMyAdmin/

さらに、/etc/httpd/conf.d/ に以下の内容で phpmyadmin.conf というファイルを追加

Alias /phpMyAdmin/ "/var/www/phpMyAdmin/"

<Location /phpMyAdmin>
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 127.0.0.1
    Allow from 192.168.11
</Location>

クッキーを有効にしろと怒られたので、

# chmod 660 /var/www/phpMyAdmin/config.inc.php

これで、http://192.168.11.100/phpMyAdmin/ でアクセスできるようになります。

あ、ちゃんとapacheを再起動してからですね。

# service httpd restart

記入間違いをしていなければ正常に再起動できるはずです。

以下次回(追記かも)に続きます。