いわゆる自宅サーバーなのだけれど、開発環境とかバックアップ環境とかをいっそのこと仮想化して分離しちゃえと思ってWindowsXPがインストールされているマシンを潰してそこに環境を構築することにしました。

サーバー実構成

手書きの非常に見づらい図で申し訳ないのだけれど、「server」っていうのが今回の対象マシンで、まずはここにCentOSを仮想環境だけの最小構成でインストール。
X-Windowは入れなくてもいいかと思ったのだけれど、何かとめんどくさいので← 一応入れておくことにしました。

とりあえず、なにも考えずインストールディスクをPCに放り込んで起動します。

初期画面

一応書いておくと、公式はこちら→www.centos.org
ダウンロードページは、意外とあっちこっちみたりするけど、まぁ、ここでしょう→ ダウンロード

そして、このまま、「Install or upgrade an existing system」を選択してEnter。

メディアチェック
メディアのチェックスをするか聞かれますが、時間がもったいないのでskipします。

すみません、ここから先の画面キャプチャできませんでした。
VMwareで再確認しようかと思ったら失敗しました(^^ゞ

というわけで、すっとばします。

そして、一通りインストールが終了したら、rootでログインしてシェルにておもむろにネットワークを起動

service network start

さらに、次回からは起動時からネットワークが有効になるように

chkconfig on

としておきます。
さらに、

yum update

で、ついでなので最新にアップデートしておきます。

yum -y update

としてもいいのですが、一応確認したいので私は -y オプションはあまり使いません。

仮想サーバーでインストールしていればすでにインストールされているはずですが、一応チェック。

yum groupinstall Virtualization "Virtualization Client" "Virtualization Platform" "Virtualization Tools"

だいたいはこちらの記事が参考になります。
http://www.oss-d.net/virt/kvm/0.9

が、ところどころ違う場所があるので私は私のやり方で。

まずはブリッジインターフェイスの作成

cd /etc/sysconfig/network-scripts/
cp ifcfg-eth0 ifcfg-br0

br0の編集

vi ifcfg-br0

DEVICE=br0
TYPE=Bridge
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.11.100
BROADCAST=192.168.11.255
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.11.0
ONBOOT=yes

eth0の編集

vi ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
TYPE=Ethernet
HWADDR=12:34:56:78:9A:BC
ONBOOY=yes
BRIDGE=br0

これで、ネットワークを再起動しますが、NetwrokManagerが動いていると面倒なので、一応

service NetworkManager stop
chkconfig NetworkManager off

としておきます。
そして、

service network restart
chkconfig network on

これで、仮想サーバー側の設定が完了しましたが、これだとサーバー側が外へつなげなくなるので、

route add default gw 192.168.11.1

とルートを追加しておきます。

ついでにntpdも今のうちに設定しておきましょう。

service ntpd start
chkconfig ntpd on

本当はntpdのサーバーも変更した方がいいのですが、まずはこのままです。

このままCUIで全部やってしまいたいのですが、それも面倒なので、GNOMEデスクトップもインストールします。

yum groupinstall "デスクトップ"

あとは、X-Windowを起動して、ターミナル(端末)で

virt-maanager

を起動して仮想マシンを作成します。

最終的には、
外から見た構成
と、まぁ、2台のPCがあたかも4台あるように振る舞わせます。