前回のイントロから続きまして、構成プロファイルつくって、それをインストールしてみます。

iPhone構成ユーティリティーは先にダウンロードしてPCにインストールしておきます。

スポンサーリンク

画面左、ライブラリから「構成プロファイル」を選択します。
メニューバーの下、左端の「新規」を選択して新規プロファイルをつくります。
右側に一般と表示されたところに、「名前」「識別子」を設定します。
(名前も識別子も他とかぶってなければなんでもいいです)

構成プロファイルの設定

次に画像中央をスクロールして一番下の「APN」を選択します。
今回は、IIJmioの設定を行いましたので、「アクセスポイント名(APN)」「アクセスポイント・ユーザー名」「アクセスポイント・パスワード」をIIJmioさんのサイトを参考に設定しました。
APNはMVNO会社のサイトなどで確認できると思います。
ちなみに会社によっては、このように公開されているわけではなく、個人個人で別のユーザー名とパスワードを使用するMVNO会社もあるので注意が必要です。

APNの設定

iPhoneをPCと接続します。
(接続すると、パスコードでロックされていますとかでることがあるのでiPhone側で解除します)
接続すると、左のデバイスが表示されるので、「接続されたiPhone」を選択します。
右側で、今度は「構成プロファイル」を選択します。

インストールできるプロファイルが表示されるので、必要な物をインストールします
(たぶん、1つだけしかでてきませんが)

iPhoneと接続

iPhone側で、「構成プロファイル」のインストールをします、のような画面が表示されるので表示に従って「構成プロファイル」インストールして終了です。

インストール直後は、「3G」と表示されていますが、しばらくすると「LTE」表示に切り替わり、LTEで通信できていることが確認できます。
あとは、念のため通信ができるかチェックして完了です。

ちなみに、構成プロファイルは「書き出し」を行って、メールに添付したり、Droxboxなどのクラウドストレージに保存しても普通にインストールできるようなので、iPhoneにあらかじめ使うプロファイルをメールで送っておいて、必要なときに構成プロファイルをインストールすることもできそうです。
SIM差し替えて使うときとか(ま、ほとんど無いと思いますが)