ひょんな事から、突然iPhone6 SIMフリーモデルが我が家にやってきました。
せっかくなので今更感はあるのですが、MVNO SIMを使用してのセットアップ諸々を綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

使用する回線は、データ通信のみのIIJmio高速モバイル/Dサービスを使用することにしました。

IIJmio SIM

IIJからは音声通話もできる「みおふぉん」というのもあるのですが、とりあえず、データ通信できればいいので。
ちなみにSMSオプションはつけました。
iPhoneではSMSオプションがついてないSIMをつけると色々とトラブるので。
というわけで、気がつけばMVNOとしてはめちゃめちゃ無難な選択です。

今回は、IIJのサイトから申し込んでみましたが、イオンやビックカメラなどでもSIMを売っているので、これらを買ってきて登録すれば、待たずに使えるようになると思います。
ビックカメラで売ってるSIMは公衆無線LANもついてるので若干お得ですし。
ちなみに今回は申し込みから5日ほどでSIMが到着しました。

ちなみに nanoSIM がこれ。今まで標準SIMしか使ってこなかったのでとっても小さく感じます。

nanoSIM

(標準SIMとの比較でも撮ってみればよかったのでしょうが、ま、ネットにたくさん転がってますし割愛)

さて、MVNOのSIMを使うにあたってAPNを設定しなければモバイル通信できないのですが、APNはネットから引っ張ってくるか、「iPhone構成ユーティリティー」を使用してAPNを設定した構成プロファイルをインストールしなければなりません。
幸いなことに、IIJさんは構成プロファイルを配布されているので、これを利用します。

ちなみに知っている限りだと、他にはDTI、b-mobileあたりが構成プロファイルを配布しているようです(※他にもある模様)

インストールが完了すると 3G と表示されますが、しばらくすると LTE 表示に切り替わりました。
ちなみにSMSなしのSIMだとアンテナが圏外表示になるので注意。
ま、この辺は3GSあたりと挙動が変わりません。

LTEを掴んだ

脱獄iPhone3GSに入れてた構成プロファイルをそのままiPhone6に入れてみての通信テストは次の機会に。