まだ、こちらのような田舎ではフリーのwifiスポットというのは多くはないのだけれど、リソースも余ってる?し、VPNサーバーを立ててみることにした。

以前、OpenVPNサーバーは立てているので違うのをたててみることにした。

今回はフリーになったSoftEther VPNを使用することに。
サーバーは眠っていた古いXPノートをCentOSに差し替えて使用。

バイナリパッケージも配布されているようだけれど、今回はGithubからソースをダウンロードしてコンパイルして使用する。

下準備(Gitや開発ツールのインストール)

yum -y groupinstall "Development Tools"
yum -y install ncurses-devel openssl-devel readline-devel
yum -y install git

ソースコードのダウンロード、コンパイル

mkdir src
cd src
git clone https://github.com/SoftEtherVPN/SoftEtherVPN.git
cd SoftEtherVPN
./configure
make
make install

VPNServerの開始

vpnserver start

VPNServerの終了は kill コマンドで。
どうやら vpnserver stop は上手く動作しないようだ。

サーバーの詳細な設定はSoftEtherVPNダウンロードセンターからServerManagerをダウンロードして設定する。
Windows版しかServerManagerが無いようなので、その他OSはコマンドラインで設定する必要があるようだ。
なお、設定はサーバー自身でする必要がないので、LAN内のWindowsマシンから接続して行った。

サーバーの細かい設定は、、、つづく。