すでにSamba4が一般的になってきている最近ですが、VPSにyumでインストールされるSambaが3.6.9なので、面倒だから!そのまま導入しています。
CentOS自体は6.4です。

余計なところはババンと省いて、書いてみました。(/etc/samba/samba.conf)

[global]
	unix charset = UTF-8
	dos charset = CP932
	display charset = UTF-8

	workgroup = WORKGROUP
	server string = Samba Server Version %v
	
	netbios name = MYSERVER
	interfaces = lo eth0 192.168.12.2/24 192.168.13.2/24 
	hosts allow = 127. 192.168.12. 192.168.13.

	log file = /var/log/samba/log.%m
	max log size = 50
	
	security = user
	passdb backend = tdbsam

	load printers = no
	disable spoolss = yes
	cups options = raw

[homes]
	comment = Home Directories
	path = %H/samba
	browseable = no
	writable = yes
	vfs objects = recycle
	recycle:repository = .recycle
	recycle:keeptree = no
	recycle:versions = yes
	recycle:touch = no
	recycle:maxsize = 0
	recycle:exclude = *.tmp ~$*

	
[printers]
	comment = All Printers
	path = /var/spool/samba
	browseable = no
	guest ok = no
	writable = no
	printable = yes
	
[public]
	comment = Public Stuff
	path = /home/samba
	public = yes
	writable = yes
	only guest = yes
	vfs objects = recycle
	recycle:repository = .recycle
	recycle:keeptree = no
	recycle:versions = yes
	recycle:touch = no
	recycle:maxsize = 0
	recycle:exclude = *.tmp ~$*


SELinuxが動いていると色々やっかいなので現在は切っています。
SELinuxに関しては色々と持論がある方が多いようなのでこちらでは言及しません

あとはSambaを起動させて、動作確認して終了です。

service smb start
service nmb start
chkconfig smb on
chkconfig nmb on

※追記
NETBIOSが使えないことがほとんどなので、サーバーをチェックするためにDOS窓で

c:\>net view \\192.168.11.1 ← sambaサーバーのIPアドレス

これで、共有されているディレクトリ一覧が表示されます。

※追記の追記
Sambaサーバーアクセス用ユーザーのパスワードは別途設定します。

# pdbedit -a [user]

[user]のところにCentOSのユーザーを指定します。
つまり、CentOSのログインパスワードとSambaのパスワードは違うものを設定できますが、私は面倒なので同じにしてます。