以前からぼんやりとは探していたのだけれど、、ようやく落ち着いて使えるようになったのでアプリをご紹介します。

といっても、写真を少し送りたいだけなら、Dropbox を使えばいい話なのですけど。
それで、容量が足りない、もしくはwi-fi環境で送受信したい、ファイルをまとめて送受信したい。なんていうときに有用なアプリだと思います。このアプリ、Dropbox にも接続できますし、SugerSync や GoogleDrive, Skydrive, WebDAV (その他諸々)にも接続できます。
特に、家庭内(or 職場内?)のwi-fiを使える状態だったら使っているパソコンでまとめてダウンロードできてしまいます。わざわざiTunesを起動するまでもなく、ケーブルを接続するまでもなく、です。
私のiOS端末は容量が少ないのですぐパンクしてしまうため、都度wi-fiを使ってデータを丸ごと転送する用途に使用してます。

なお、今日現在、300円でした。

…さて、ここからが本題(VPSサーバーでWebDAVを使う)
素のままのVPSサーバーでは、めんどくさい(失礼!)WebDAVに関する設定をしなくてはならないのですが、私が使用しているVPSの一部はDTIのServersMan@VPSなため、標準でServersmanというWebDAV環境がインストールされています。
サーバー用途では嫌われてしまうこの機能を使用しましょうというわけです。

基本的な使い方については公式サイト(http://dream.jp/vps/esp/manual/index.html#mnl_02)をご参照ください。
この使い方ですと、1サーバー、1ユーザーしか使えませんが、私は二人もいないのでこれで十分です。
そして、この機能、windows vistaまでは普通にネットワークドライブとして割り当てできてしまいます。
残念ながら、Windows 7はレジストリをいじらないとダメらしく、フリーソフトを使用してアクセスします。もちろん、どれもブラウザからはアクセスできます。