どうせならNASも復旧させましょうということで、あらかたデータを吸い上げたハードディスクを接続し、一枚目の写真のようにルーターを使ってPCに接続。

復旧作業1

ルーターはインターネットに接続しておらず、PCのワイヤレスLANもオフ。そしてファイアーウオールを停止。
あ、その前にネットに転がっているLink Stationのファームウェア一式を拾ってきて、TFTPというソフトウェアも一緒にダウンロード。ファームウェアに入っているファイルの一部を改変し偽装された圧縮ファイルも解凍してひとまとめにしておく。
で、冒頭の接続作業に入るわけだけど、PCのIPアドレスを192.168.11.1にしておかなければならないので手動でIPアドレスをセットするのだけど、その前にルーターの方も設定を合わせておく必要があるため、ルーターのIPアドレスは192.168.11.2にしておいた(ちょっとややこしい)

あとは、ルーターにPCとNASのLANケーブルが接続されているのを確認してTFTPを起動、続いてNASの電源をオン。
上手くいけば自動でTFTPからファイルを読み出してある程度復旧してくれるはず。
数分後NASのLEDランプが点滅から点灯に変わった。いけるかも。
ここで、ルーターにiPodTouchで接続、LANに接続されている機器一覧を表示するアプリで確認する。いた!

そのままファームウェアをアップデートするツールを起動し、ファームウェアのアップデート、というかフォーマット諸々の作業を開始。
結構な時間放置していたら、再起動待ちのメッセージで止まっていた。
無事再起動を果たし、セットアップ画面が立ち上げられ、LinkStation復旧。2枚目、3枚目の写真のように元へ戻して元の環境へ。

HDD接続

HDD収納

4枚目、今回活躍してくれたツール類。
SATA-USBケーブル、ロジテックのその辺に転がってた無線ルーター、先日つくったばっかりのknoppix入りUSBメモリーなどなど。他にも元はWindowsXPが入っていたPCにCentOSを突っ込んだサーバーなども一部活用。

ツール類

ちらりとご披露したが、もちろん、これらはほんの一部。他にもいろんなものを駆使したのである。

しかし、今回のことを教訓に、バックアップ用ストレージは大きめのをチョイスしようと誓った私なのである。
本当に疲れた。

PS.これで終わりかと思いきや、まさか後日談も追加することになるとは…(しばしお待ちを)