一昨日、とある設定を行っていたところ、NASの一台が暴走、完全にネットワークから離脱してしまった。
電源ボタンも無い、シャットダウンを待てど暮らせど止まらない。
仕方なく、強制的に電源を切ったのだが、これが運の尽き。
もう二度と正常に立ち上がらなくなってしまった。
仕方ないので、データだけのサルベージ作業開始である。

外観

背面

バッファロー、LinkStation LS-XLA 2TB
画像、2枚目に赤丸印をつけたが、この3カ所に爪楊枝のような細いものを差し込んで爪を逃がす。失敗すると当然爪が折れる。

蓋を開けたところ

3枚目、側面にも爪が。こちらはわずかにこじ開けたスペースにマイナスドライバーのようなものを突っ込んで右側から左へ蓋を開けるようにして開く。
4枚目、主役とご対面。
また、SeagateのBarracudaかよ、と毒づいたのは言うまでも無い。
私は残念ながらBarracudaシリーズとは大変相性が悪いのである。